サイトマップアクセスマップ お問合せ 

事務組合業務

 事務組合は、労働保険事務組合ともいい、事業主から事務委託を受けて、事業主に代わって労働保険の加入手続きや保険料の納付などの事務を処理する組合のことです。(労働大臣認可)
 雇用保険(失業保険)については昭和34年2月に、労災保険については昭和41年4月に夫々労働大臣の認可を受けた団体です。

労働保険事務組合を活用すると
・ 労働保険料の額にかかわリなく、納付を3分割できます。
・ 事業主や家族従業者の労災保険に特別加入することが出来ます。
・ 事業主に代わり事務手続きをしますので、事務処理の手間が省ける等、
   多くのメリットがあります。

事務組合業務の流れ図